FXチャートとトレンドライン その8


チャート画面に自分で引いたトレンドラインを使った分析術、8回目となる今回は前回から続いて高値同士、安値同士に引いたそれぞれのトレンドラインが意味することについて解説します。

高値同士で引いたトレンドラインは上値抵抗を示し、今後の相場展開が上昇トレンドを継続したとしても、それ以上の上昇角度にはなりにくいということがトレンドラインで分かります。

その一方で、安値同士を結んだトレンドラインは、上昇を続ける中でそのトレンドラインを下回るような角度になる可能性は低いということを示しています。

特に上昇トレンドの場合は押し目やトレンド転換が多くの投資家から関心を持たれることになるので、特に上昇トレンドの場合は下に引かれたトレンドラインと実際の値動きがどのように関わっていくかが注目されます。

これは下落トレンドの時に引かれた高値同士のトレンドラインについても同じです。いつ下落トレンドが終了して持ち合い、または上昇に転ずるのかが関心事になるからです。

このように、2本以上引いたトレンドラインの場合は、その中でもとりわけ重要になるトレンドラインがあるということを押さえておきましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。