FXチャートとトレンドライン その6


チャート画面上にトレンドラインを引いて相場を分析する方法、今回はその6回目です。

ここまではトレンドラインが1本でしたが、今回からは2本以上のトレンドラインを使った相場の分析方法を解説していきましょう。

これも実際に試していただくのが最も分かりやすいと思いますが、チャート画面にトレンドラインを引いていると、「ここにも必要なのでは?」と思うポイントがいくつも出てくると思います。

相場が正比例した動きをしていない以上、トレンドラインの数は1本に収まらないのが当然です。

ある安値同士を結ぶと1本の線が引けたが、他の安値同士を結んでも信憑性の高そうなトレンドラインが引けたとしたら、それも相場分析には役立つトレンドラインとなります。

まずはいくつも線を引いてみて、それぞれの線が同じような角度で一方向を向いていたら、そこでも相場のトレンドがどれだけ示唆されているかが分かります。

トレンドラインが1本である必要は全くないので、気になったところにはどんどん線を引いて、不要だと思ったものは消去して自分に合ったトレンドラインの使い方を確立していってください。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。